肛門に激痛!痔になる原因とは?

肛門に違和感を生じたと思ったら痛みを伴うイボができ、翌日には激痛に悩まされることがあります。これを「血栓性外痔核」といいます。イボは1㎝前後(豆粒大)もしくはそれ以上になります。下痢や便秘のほか、トイレに長く座ったり強くいきむなど、肛門に負担がかかると血流が滞り、血栓(血の塊)ができて発症します。

ほとんどの場合、注入軟膏や痛み止めの薬、腫れを引かせる薬で改善します。肛門部に便が溜まるとさらに強く痛むので、浣腸して便を出し切ったり、入浴で患部を温めるのも有効です。痛みのピークは2~3日目で、その後、引いてきます。経過途中に皮が破れて出血することがありますが、数日で止まります。痛みがひどくて眠れない、座れないなど症状が重い場合は外科的治療を行います。

保存療法で大半が治癒する一方、症状によっては適切な治療を受けないと、しぼんだあとに皮膚のしわとなり残ることがあります。お近くの医療機関を受診することを勧めます。

【お尻の悩み相談室】 2018-12-02

同じカテゴリの記事を読む

別カテゴリの記事を読む

痔の日帰り手術は
2019年4月以降に予約できます。

初診のご予約はお電話にて

Last updated:2019/04/06

日帰り手術の実績 9,732件

(2004年5月~2019年2月 現在)

痔の治療・手術費用について

痔の手術は健康保険が適用できますので、3割のご負担で手術をうけていただけます。

続きを読む

院長よりごあいさつ

1人1人にあったわかりやすい納得のいく説明と治療がモットーです。患者さまがより安心満足して治療して頂けるクリニックを目指して日々システム・サービスの改革に励んでいます。

続きを読む

診察時間

8:30~12:00
13:30~17:30

診察カレンダーの判例

診療時間:8:30~17:30(土17時/日16時まで)
休診日:木・祝日

診察カレンダーの判例
診察カレンダー