内視鏡検査について

胃カメラによる内視鏡検査

楽クリニックでは上部内視鏡検査(胃カメラ)を行っています。(大腸カメラは行っておりません)

内視鏡検査とは、先端に小型カメラ(CCD) またはレンズを内蔵した、太さ1cm程の細長い管を口から挿入し、食道・胃・十二指腸の内部を観察し、時には治療を行うものです。

医療機器や技術の発達により応用範囲も広がり、診断から治療までスムーズに行われるようになってきました。当院にて内視鏡検査を受けられる場合は、患者さんが納得されるまで十分な説明を行います。

内視鏡検査とは

太さの異なる内視鏡(胃カメラ)

ガンは、早く見つかればそれだけ治る可能性も助かる可能性も高くなります。 世界的に見ても、私たち日本人は消化管(胃や腸)のガンが非常に多い民族です。

内視鏡検査は、病気の早期発見に有効な検査方法のひとつとして重要な役割を果しています。しかし、胃カメラはしんどくて苦しい、とお思いの方がいらっしゃると思います。確かに昔の内視鏡検査は苦しく、しんどいものでしたが、現在の内視鏡技術はとても進歩しています。

楽クリニックでは、幅広くカバーするために太さの異なる内視鏡を揃えています。鼻の穴からでも入れることが可能な胃カメラもあるので、検査だけではなく、繊細な箇所の治療も行う事が可能です。

可能な限り楽に内視鏡検査をうけていただくために
楽クリニックの内視鏡検査

しんどくない内視鏡検査

痛くない胃カメラによる内視鏡検査

楽クリニックでは、患者さんが可能な限り楽に検査を受けていただけるように、患者さんに一番あった方法で検査を行っています。

痛み・苦しさをほとんど感じません

楽クリニックでは、最新の設備と最高の操作技術で内視鏡検査に伴う痛みや苦痛を和らげます。胃カメラがどうしても苦手な方には少しだけ眠る注射をしたり、最新式の鼻から胃カメラを入れる方法で、嘔吐(おうと)をほとんど感じることなく検査を受けていただくことができます。

嘔吐感をほとんど感じません

今までに内視鏡検査を受けられたことのある方ならご存知かと思いますが、のどから胃カメラを入れるので、どうしても「オエッ」っと感じると思います。小さくなったとは言え、異物をのどにいれることになりますので、これは誰でも嘔吐感を感じたと思います。

眠っている間に終わります

最新の麻酔法により、ねむっている間に内視鏡検査をうけることができます(ただし、お車での来院はお断りしております)。

安心・安全の内視鏡検査

楽クリニックでは、患者さんが安心して内視鏡検査を受けていただけるよう細心の注意を払っています。

内視鏡検査のベテラン医師が行います

内視鏡検査経験20年以上の内視鏡専門医が行います。特に、ポリープ切除などを行う際は、消化器外科医も一緒に処置を行います。

楽に内視鏡検査が受けられます

のどの麻酔だけでの内視鏡検査で、苦しい、しんどい思いをされた方は多いと思います。少しだけ眠るお注射を使用して、寝ている間に内視鏡検査が終わります。
さらに、鼻の麻酔のみで行う最新式鼻からの超極細胃カメラにより、内視鏡検査中に自分の胃の状態を見て、医師と会話しながら検査を受けることもできます。

いつもきれいな内視鏡検査機器

当院の内視鏡検査機器は、日本消化器内視鏡学会のガイドラインにそった洗浄と消毒を行っております。 洗浄・消毒には、最新の機器で行っております。ご安心ください。

検査後、すぐに日常の生活に戻れます

内視鏡検査後の車の運転は危険です

胃カメラでの内視鏡検査には眠る注射を使用しますが、量は少なめですので目が覚めるのも早く、少し休んでいただければ日常生活へ戻ることができます。
ただし、車などの運転はやめてください。

胃カメラについて

胃カメラは患者さんが検査を希望されれば、ほとんどの方に行なうことができます。楽クリニックでは、胃カメラでの内視鏡検査についての注意など患者さんがちゃんと分かっていただくまで説明をしますので、ご納得された上で検査を受けてください。
胃カメラによる内視鏡検査はクリニックの院長が行いますので、安心して検査が受けられるようお世話いたします。私たちは、常に安全に、痛みなどで苦しくないように検査が受けられることを心掛けています。お気軽にご相談ください。

胃カメラってどんなもの?

胃カメラ(上部消化管内視鏡)

胃カメラは、正式には「上部消化管内視鏡」といいます。

カメラを口や鼻から挿入し、先端についている超小型のカメラで胃の様子を画面に映し出して検査を行うものです。 内視鏡は細いものですと外径約5mmと、以前に比べれば非常に細くなっているので、楽に検査をうけていただけるかと思います。

当院では、最新の極めて細い胃カメラ(超細径胃内視鏡)および高精度精密検査用胃内視鏡を用意しております。

胃カメラってもっと楽に受けれないの?

最近では技術の進歩で胃カメラは小さくなり、以前に比べればずっと楽に内視鏡検査を受けれるようになりました。 ただ、内視鏡がいくら細く小さくなったとは言え、胃カメラという異物をのどから入れることは誰でもしんどいものです。

胃カメラを出来るだけ楽に受けるために、当院では、少しだけ眠る注射を使用して寝ている間に内視鏡検査を行いますので、とっても楽に検査を受けることができます。

大手の総合病院では、一日に多くの患者さんを検査しますので、眠る注射を使用しない場合があり、しんどい思いをされた方もいらっしゃると思いますが、完全予約制の当院ではそういったことはありません。

また、鼻の麻酔のみで行う最新式の鼻からの超極細胃カメラの場合、内視鏡検査中に自分の胃の状態を見て、医師と会話しながら検査を受けることもできます。

胃カメラの他にも胃の検査方法ってあるの?

以前は胃の検査を行う場合はバリウムでの検査を行い、検査で何か異常があった場合は胃カメラでの内視鏡検査を行うというのがセオリーでした。しかし、胃カメラが普及した現在では、初回から内視鏡検査を行うことの方が多くなりました。ただし、バリウム検査は胃全体を見渡すことができますので、胃下垂(いかすい)やスキルス胃癌などは、バリウム検査の方が優れています。どちらの検査方法もメリット・デメリットがあります。

内視鏡検査の手順

「胃カメラ検査を受けたい」「でも胃カメラはしんどくて・・・」とお思いの方。
楽クリニックでの、楽な胃カメラによる内視鏡検査の手順をご説明します。

1.【検査前日】注意事項

病院での痔の診断・治療光景

胃カメラによる内視鏡検査前日の食事は、午後9時までに済ませて下さい。
※心臓の病気、高血圧、喘息、糖尿病、アレルギー体質、胃の手術を受けた方、透析を受けられている方、血液をサラサラにするお薬(ワーファリン・パナルジンなど)を飲んでいる方は、 問診時におっしゃって下さい。
また、以前に胃カメラによる内視鏡検査でしんどかった方や苦しかった方は事前に申し出て下さい。

2.【検査当日】注意事項

病院での痔の診断・治療光景

内視鏡検査の2時間前までは、水分は普通におとり下さい。血圧のお薬を服用している方は、検査の3時間前までにお薬を飲んで下さい。眠るお注射を行う場合がありますので、眠って行う内視鏡検査(全身麻酔)を希望の方は車や自転車等での来院は絶対にお止め下さい。

3.診察・検査

病院での痔の診断・治療光景
  1. 受付(新患申込書・問診票記入)
    看護師の指示に従ってご記入下さい。分からない事などございましたら、お気軽にお尋ね下さい。
  2. 問診
    内視鏡検査を行う事前チェックとして担当の看護師が問診を行いますので、質問にお答え下さい。 検査を受ける臓器によって問診内容が違います。
  3. 診察
    検査前に、院長が診察を行います。検査を行うにあたり問題がないかを確認します。 また、検査前処置や検査方法など、検査完了までの流れを説明します。
  4. 検査前処置
    (1)消泡剤を飲みます。胃の中の泡を取り除き、胃の中の壁をきれいにします。
    (2)鼻に局所血管収縮剤をスプレーします。鼻からの出血を防ぎ、鼻の通りもよくするために行います。風がシュッと入るような感じで、ほとんど痛みはありません。
  5. 検査
    内視鏡検査を行います。力を抜いて楽な姿勢で受けて下さい。院長が内視鏡から映し出すモニターで臓器をすみずみまで確認します。 検査は約5~15分で終わります。
  6. 休憩
    検査が終わって身支度を整えたら、ゆっくり休んでください。気分が悪い時は、すぐ看護師に伝えて下さい。 お休みいただいた後、看護師より検査後の注意事項の説明があります。
  7. 検査結果説明
    院長より画像をお見せしながら検査結果の説明を行います。

4.検査終了

病院での痔の診断・治療光景

胃カメラによる内視鏡検査後に、約30~90分ほど休憩していただきます。 会計を済ませていただいて完了です。

痔の治療

最新の医療設備と技術で、患者さまのプライバシーを厳守し、治るまで安心して治療して頂けるよう心掛けています。

続きを読む

痔の日帰り手術について

楽クリニックでは、日帰り手術専用の最新高品質の技術で手術を行うため、治療直後より歩行できるほど体に負担が少ないのが特徴です。

続きを読む

痔の日帰り手術は
2018年4月中旬以降に予約できます。

初診のご予約はお電話にて

Last updated:2018/04/13

日帰り手術の実績 8500件

(2004年5月~2017年12月 現在)

痔の治療・手術費用について

痔の手術は健康保険が適用できますので、3割のご負担で手術をうけていただけます。

続きを読む

院長よりごあいさつ

1人1人にあったわかりやすい納得のいく説明と治療がモットーです。患者さまがより安心満足して治療して頂けるクリニックを目指して日々システム・サービスの改革に励んでいます。

続きを読む

診察時間

8:30~12:00
13:30~17:30

診察カレンダーの判例

診療時間:8:30~17:30(土17時/日16時まで)
休診日:木・祝日

診察カレンダーの判例
診察カレンダー