日帰り手術の実績 10,823件
(2004/5~2020/8)

切れ痔とは?

切れ痔のイラスト図

切れ痔は裂肛、裂け痔ともいい、肛門の外傷といってよい病気です。かたい便が肛門から出るときに歯状線より外側の肛門上皮が切れて裂け、はげしく傷んだり出血したりする痔です。頻回の下痢でも肛門上皮が切れることがあります。

切れ痔ができる肛門上皮には痛みを感じる神経があるので、便が通過したりすると傷口がこすれてはげしく痛みます。排便時の痛みがいやで便意をがまんし、便秘になる悪循環になることもあります。

切れ痔の経過と特徴

痛みがなくなっても、治療は怠らないこと。再発を繰り返すと慢性化します。

1.初期

切れ痔の初期を描いたイラスト図
  • すぐ切れてすぐ治る
  • すぐ治りすぐ再発する方も
  • くりかえす人は、2~3ヶ月の軟膏治療が必要。
  • 便を少しだけ軟らかくすることも必要。

2.中期

切れ痔の中期を描いたイラスト図
  • 小さなイボも生えてくる。
  • 痛みがなくなったからといって治療を怠ると絶対治らない。
  • 切れ痔がさらに深くなる。

3.慢性切れ痔

慢性化した切れ痔のイラスト図
  • すぐ切れてすぐ治る
  • 手術した方が早くかつ楽に治る。

4.さらに悪化

慢性切れ痔から更に悪化してしまったイラスト図
  • 肛門がせまくなる!!
  • ちょっと広げるとすぐ切れる(もろくなった肛門の皮膚)
  • 筋肉が凝り固まって伸びなくなり、肛門が広がらなくなる、肛門狭窄の状態です。

切れ痔の原因

切れ痔に悩む働く女性のイラスト図

切れ痔の主な原因は、便秘時の硬い便や、勢いが良過ぎる便が通過する際に、肛門周辺の皮が切れてしまうことです。また、体質的に元々肛門が狭い人は切れ痔になりやすいです。

切れ痔は比較的女性に多くみられます。ダイエットなどによって食事制限をすると、その分、便の量も少なくなるので腸の働きが鈍くなり、便秘になることが多いからです。

また、便を柔らかくするお茶、サプリメント、お薬やヨーグルト、温水便座の使用なども、切れ痔の原因として最近多くなっています。

切れ痔の治療

切れ痔は、約75%の方が薬による保存的治療で改善しています。症状が進行している場合は、手術による治療が必要です。

保存的治療(生活習慣改善・お薬での治療)

痔の多くは生活習慣による病気です。うまくお薬を使用し、便通を良くしつつ軟膏をつけることで、症状はかなり改善します。約75%の方が保存的治療で改善しています。

きっちり治さないと再発する人が急増中!!

切れ痔の代表的な症状を記載したリスト図

急に切れ痔になった人は、最低3週間は薬を服用しましょう。慢性の人は、痛みがなくなってから2~3ヶ月はお薬を使いましょう。痛みが消えたら治ったと思うのが最も危険です。治療せずに我慢しておいた場合、切れ痔の手前と奥に、お薬ではなくならないイボが出来てきます。

※ヨーグルト、乳製品、便を柔らかくするお薬を摂取する際は、便がチューブ歯磨き粉より柔らかくならないようにして下さい(水の中に便が落ちた時、崩れるのは柔らか過ぎです。)

日帰り手術による治療

切れ痔の手術は、15分から30分程度で寝ている間に終わります。昔からの手術や麻酔の方法では、痛みが強く入院が必要でしたが、最新の手術や麻酔の方法と特別なコツにより、どなたでも楽に痔の治療が受けられるようになりました。

切れ痔の治療は日帰り手術で治療できます。手術方法は肛門拡張術、皮膚皮弁移動術、古典的治療法などがあります。症状に応じて適切な施術を行います。

※重症の方は、2度・3度の処置が必要な場合もあります。

切れ痔の症状が改善しない場合(残り約25%の方)
肛門拡張術 肛門の緊張をとるために肛門をひろげる手術
皮膚皮弁移動術 切れてなおらない部分に皮膚を貼り付けて被います。劇的に排便時の痛みが改善する手術で、肛門を広くする手術です。
古典的治療法 切れ痔にともなうイボもいっしょに取れてやわらかい肛門の皮膚が再生される。肛門の機能が保たれる。キズが小さい。

手術後について

日帰り手術なら翌日から普通の生活を送っていただけます。

  • 手術当日、安静は不要です。どんどん動く方が、傷口の血流がよくなり早く治ります。
  • 手術の翌日からシャワーOK、翌々日から入浴が可能です。
  • 日帰り手術では、翌日から普通の生活が可能です。
  • 手術後に強い痛みがあるとき、またはポタポタと出血したときは、すぐに当院まで連絡してください。

痔の簡易診断

お尻がどうなっているのか気になっている方、下のフローチャートから簡単にチェックしてみましょう。

Question1

痛みがある?

痔の治療について詳しく読む

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
①痔について

痔でお悩みの方。なかなか人に聞きにくかったり、一人で悩んでおられる患者様が多く、いざ病院で診察・治療に来ら……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
②いぼ痔

イボ痔は、医学用語では「痔核(じかく)」と呼ばれ、肛門の血の流れが悪くなり、血管がはれてこぶ状になる痔です……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
③切れ痔

切れ痔は裂肛、裂け痔ともいい、肛門の外傷といってよい病気です。かたい便が肛門から出るときに歯状線より外側の……

現在閲覧中です

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
④痔ろう

痔ろう(あな痔)とは、肛門のまわりに直腸からばい菌が入って炎症を起こし、膿を出すおできができ、最終的に直腸……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑤当院の痔の治療

おしりを見せるのは、なかなか勇気のいることです。院長(藤田)自身も排便時に紙に血が付いたとき、診察を受ける……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑥痔の日帰り手術について

入院での手術治療よりも、身体への負担が少ないのが日帰り手術です。当院では、日帰り手術専用の最新高品質の技術……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑦肛門周囲膿瘍とは?

肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)とは、肛門のまわりに膿(うみ)がたまる状態です。飲酒、温水便座の使……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑧痔Q&A

痔の治療に病院を選ぶときに色々とお悩みになることは多いはずです。私の病気にどんな治療をされるんだろう?どん……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑨痔を予防するには?

特定の症状だけでなく、痔の病状全般に言えることですが、普段から便通を整えて、規則正しい生活をすることが一番……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑩痔と女性の関係

痔は男性の方が多いというイメージがありますが、実際は女性も痔を患っている方が多いようです。これは、女性の場……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑪痔と勘違いしやすい病気

おしりの病気には、痔と似た症状の病気があります。痔よりも怖い病気の場合がありますので、痔と間違えやすい病気……

詳しく見る