初診は2024年6月上旬以降に予約できます。

日帰り手術は2024年6月中旬以降に予約できます。

日帰り手術件数 13,143件
(2004/5~2024/4)

肛門疾患:
7239件
下肢静脈瘤:
3591件
鼠経ヘルニア:
1418件
切開術:
895件

下肢静脈瘤の予防

下肢静脈瘤にならないように予防することはできるのでしょうか?

下肢静脈瘤の進行を防ぐことはできるの?

ふくらはぎが怠くて患部をさする女性の画像
足が怠い、浮腫み、こむら返りなどの症状が続く場合は、早い目に専門医に相談しましょう。

一度壊れた欠陥は元に戻らず、自然に治ることはありません。
何もせず放置すると、少しずつ症状は進行していきます
静脈瘤を進行させないためには、血流の改善が大切で、ウォーキング、自転車、かかと上げなど、足の筋肉を使う運動が、最も効果があります

また、下肢静脈瘤専用の弾性ストッキングの使用は、進行の予防に繋がります。
重症化する前に専門医に相談し、正しい指導を受けましょう。

先ず「早期発見」が一番の予防です!

下肢静脈瘤の症状で医療機関にて問診を受ける女性の画像

下肢静脈瘤は、足の静脈の逆流防止弁が壊れて起こる症状で、一度逆流防止弁が壊れると自然に治る事もありませんし、治す事もできません。この逆流防止弁が壊れると、本来心臓に戻る血液が戻る事が出来ずに足に溜まりますので、血管が膨れ上がってきます。

下肢静脈瘤の初期症状として、静脈が膨らんだり血管が太くなるなど気づきにくく、その後足がだるかったり浮腫むなどの症状が出始めます。

足が何だか疲れやすい、ダルい、むくんでいる、つる、など症状が続いたら、早い目に専門医院で診察を受けましょう。下肢静脈瘤を完全な予防は現在の医療では難しいので、医師の正しい診断が予防の第一歩となります。

下肢静脈瘤の予防方法

下肢静脈瘤の予防について患者に説明する医師のイラスト

下肢静脈瘤の予防としてよく紹介されているのが、

  • 適度な運動
  • 長時間の立ち仕事、デスクワークをせず休憩をとる
  • 足を高くして寝る
  • マッサージ

などがよく謳われていますが、これらは足の浮腫(むくみ)の改善や血液の流れはよくなりますし、下肢静脈瘤の進行を遅らせることは出来るでしょう。
但し立っているだけで下肢静脈瘤の進行は進みますので、これらを取り入れても予防することは難しいでしょう。
では、下肢静脈瘤を予防するのに最も効果があるのはどのような方法があるのでしょうか。

買い物袋を持った女性がエレベーターを使わず階段を上る画像

日常の生活の中で、足を積極的に動かしましょう

立ち仕事の合間に、かかとの上下運動をしたり、椅子に浅く座って前に脚を投げ出し、足首の曲げ伸ばしをしましょう。なるべく会談を使い、天気のいい日は車ではなく自転車で移動してみるなど、足を動かす機会を作ると良いです。
特に症状の出やすい午後や夕方に行うと効果的です。

就寝前にふくらはぎのマッサージをする女性の画像

足のだるさや浮腫みの予防にマッサージがおすすめ

入浴時や就寝前、座った状態で、両手のひらで膝上から太ももの付け根に向かってさするように動かします。次にふくらはぎも同様に、下から上へと片足ずつ2~3分間さすります。
このマッサージで足表面のうっ滞だけでなく、リンパ液の流れも良くなります。1日数回行うことで、症状の改善や予防に繋がるので、ぜひ取り入れてみてください。

当クリニックにて足のサイズにあった医療用弾性ストッキングを着用

専用の弾性ストッキングの着用

下肢静脈瘤専用の弾性ストッキングは、自分の足に合ったサイズのものを正しく履けば、非常に高い予防効果があります。
足首に一番強い圧力がかかり、上に向かうほど弱くなる構造になっており、医療機関で測定し着用することをおすすめします。

下肢静脈瘤について詳しく読む

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
①下肢静脈瘤について

足にコブのような腫れ。むくむしダルい、痒みなど…。このような症状は、下肢静脈瘤の症状であることが考えられます。

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
②下肢静脈瘤の検査

当院では、下肢静脈瘤の患者様には以下の診察・検査を行います。下肢静脈瘤を治療するにあたり、手術による治療が……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
③下肢静脈瘤の治療

下肢静脈瘤の治療は、患者様の症状によって適切な方法を用います。初期診断の結果、症状が軽度の場合は、基本的……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
④下肢静脈瘤の予防

下肢静脈瘤の進行を遅くする事はある程度可能ですが、完全に予防することは現実的には難しいです。下肢静脈瘤は……

現在閲覧中です

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑤下肢静脈瘤を知る

下肢静脈瘤は一体どうやって発症するのでしょうか?まずは下肢静脈瘤について正しく知っておく事が大切です。ここで……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑥下肢静脈瘤Q&A

下肢静脈瘤について分からない事や悩み事など、患者様からよくあるご質問をピックアップしてQ&A形式で分かりやす……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑦医療用弾性ストッキング

医療用弾性ストッキングは、特殊な編み方により、足をしっかりと圧迫するように出来ています。足首部分が最も圧力が……

詳しく見る