日帰り手術の実績 10,377件
(2004/5~2019/12)

痔について知っておこう

痔の早期治療が一番と患者に医師が説明しているイラスト

痔でお悩みの方。なかなか人に聞きにくかったり、一人で悩んでおられる患者様が多く、いざ病院で診察・治療に来られた頃には既に症状がかなり進行しているケースが殆どです。痔にも様々な症状があって一括りにする事は出来ません。
これから痔の治療・診察を受けようと思っている患者様に、まずは痔とはどんな病気なのか?、また簡単な診断で自分はどのタイプの痔なのか、痔についての疑問や分からない事など、痔について分かりやすく知って頂けるよう簡単にご説明させて頂きます。

痔かな?と思ったら

痔の早期治療が一番と患者に医師が説明しているイラスト

痔は早期の治療が根治につながります。痔かな?と思ったら、すぐに専門医に相談してみましょう。 痔の種類によっては、症状が進行すると手術が必要になります。

日本人の3人に1人は痔だといわれています。痔は虫歯のように、日本人にとって国民病といえます。痔であることが恥ずかしい、お尻を見せたくない、といった気持ちはよくわかります。 しかし、早めに治療を行えば痔は完治する病気です。

ずっとお尻の痛みと付き合うより、早く、楽に治してストレスのない生活を取り戻しませんか?

痔ってどんな病気?

痔の種類

人間は、心臓から血管を通じて全身に血液を送っているので、とりわけ下半身の肛門付近には常に圧力がかかっている状態です。 そこに、長時間の立ち仕事や座りっぱなしの仕事などでお尻に負担をかけすぎたり、便秘や下痢などで肛門に負担をかけ過ぎると、痔が発症します。

痔の発症には個人差がありますので、「痔かな?」と思ったら、一度病院で診察してもらうことをおすすめします。

痔の種類

痔は大きく分けると、イボ痔(痔核)、切れ痔(きれ痔)、痔ろう(あな痔)の3タイプがあります。そのうち、約半数を占めるのがイボ痔で、切れ痔、痔ろうは1~2割程度です。

イボ痔(痔核)

イボ痔(痔核)とは、肛門の血の流れが悪くなり、血管がはれてこぶ状になる痔です。 形がイボに似ています。 この痔の症状は、出血や脱出です。

いぼ痔とは? 

切れ痔(きれ痔)

切れ痔(きれ痔)とは、固い便によって肛門付近が切れたり裂けたりする痔のことです。男性よりも女性に多いのも特徴です。この痔の症状は、排便時の痛みです。

切れ痔とは? 

痔ろう(あな痔)

痔ろう(あな痔)とは、肛門のまわりに直腸からばい菌が入って炎症を起こし、膿を出すおできができ、最終的に直腸と皮膚がつながるトンネルができる痔です。 老年~中年の方に多く、また男性に多いのが特徴です。この痔の症状は、痛みや膿が出ることです。

痔ろうとは? 

わたしはイボ痔?切れ痔?痔ろう?
痔の簡易診断

問診の様子を書いたイラスト

あなたのお尻、何か症状がありますか?右のような症状がある方は悪化の危険信号です。自分がどのような痔なのか、お尻がどうなっているのか気になっている方、下のフローチャートから簡単にチェックしてみましょう。

お尻の健康チェックはこちら

痔の治療と手術

痔の治療について患者さんに笑顔で説明する藤田院長

最新の医療設備と技術で、患者様のプライバシーを厳守し、治るまで安心して治療して頂けるよう心掛けています。

続きを読む

痔の日帰り手術について

看護師が日帰り手術について患者さんの質問に答える様子

当院では、日帰り手術専用の最新高品質の技術で手術を行うため、治療直後より歩行できるほど体に負担が少ないのが特徴です。

続きを読む

痔の治療・手術費用について

受付で痔の治療費・手術費を支払うイメージ

痔の手術は健康保険が適用できますので、3割のご負担で手術をうけていただけます。

続きを読む

院長よりごあいさつ

院長の挨拶する写真

1人1人にあったわかりやすい納得のいく説明と治療がモットーです。

続きを読む

痔の治療について詳しく読む

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
①痔について

痔でお悩みの方。なかなか人に聞きにくかったり、一人で悩んでおられる患者様が多く、いざ病院で診察・治療に来ら……

現在閲覧中です

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
②いぼ痔

イボ痔は、医学用語では「痔核(じかく)」と呼ばれ、肛門の血の流れが悪くなり、血管がはれてこぶ状になる痔です……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
③切れ痔

切れ痔は裂肛、裂け痔ともいい、肛門の外傷といってよい病気です。かたい便が肛門から出るときに歯状線より外側の……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
④痔ろう

痔ろう(あな痔)とは、肛門のまわりに直腸からばい菌が入って炎症を起こし、膿を出すおできができ、最終的に直腸……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑤当院の痔の治療

おしりを見せるのは、なかなか勇気のいることです。院長(藤田)自身も排便時に紙に血が付いたとき、診察を受ける……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑥痔の日帰り手術について

入院での手術治療よりも、身体への負担が少ないのが日帰り手術です。当院では、日帰り手術専用の最新高品質の技術……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑦肛門周囲膿瘍とは?

肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)とは、肛門のまわりに膿(うみ)がたまる状態です。飲酒、温水便座の使……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑧痔Q&A

痔の治療に病院を選ぶときに色々とお悩みになることは多いはずです。私の病気にどんな治療をされるんだろう?どん……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑨痔を予防するには?

特定の症状だけでなく、痔の病状全般に言えることですが、普段から便通を整えて、規則正しい生活をすることが一番……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑩痔と女性の関係

痔は男性の方が多いというイメージがありますが、実際は女性も痔を患っている方が多いようです。これは、女性の場……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑪痔と勘違いしやすい病気

おしりの病気には、痔と似た症状の病気があります。痔よりも怖い病気の場合がありますので、痔と間違えやすい病気……

詳しく見る