初診は2024年2月下旬以降に予約できます。

日帰り手術は2024年3月上旬以降に予約できます。

日帰り手術件数 12,965件
(2004/5~2024/1)

肛門疾患:
7110件
下肢静脈瘤:
3572件
鼠経ヘルニア:
1395件
切開術:
888件

下肢静脈瘤の検査

当院では、下肢静脈瘤の患者様には以下の診察・検査を行います。下肢静脈瘤を治療するにあたり、手術による治療が必要か保存治療を行うかなど、患者様の下肢静脈瘤の進行度や状態・症状などを超音波検査を行います。

下肢静脈瘤の治療する前に。
下肢静脈瘤の検査方法について

足が怠い。浮腫んだ女性。下肢静脈瘤の可能性があります。
診察・検査時も常にリラックスして頂けるよう心掛けています。

診察前の問診では、血管のコブの発症時期、こむら返り、むくみ、だるさ、かゆみ、痛み、色素沈着などの自覚症状に加え、生活習慣や過去の病気、身内に同じ症状がないかを伺います。
診察は、視診(血管のコブや色素沈着、潰瘍の確認)、触診(むくみ、皮膚の状態確認)、超音波検査(エコー検査)で、検査は痛みもなく、基本は立ったままの状態で行います。立つのが困難な場合は、座った状態でも可能です。
当院ではリラックスした状態で検査を受けて頂けるようできる限り配慮しておりますので、気になる症状があれば、まずは受診いただくことをお勧めします(※診察は予約制)。
検査などで分からない事や不安な点等ございましたら、お気軽にご相談下さい。

下肢静脈瘤の検査方法

以前は、「静脈造影法」などの患者さんに若干痛みを伴う検査方法を行っていました。しかし、近年では下肢静脈瘤検査の主流となった「超音波検査(エコー検査)」といった、患者様に痛みがない検査方法を採用しており、下肢静脈瘤の検査を気軽に受けて頂く事が可能です。
超音波検査(エコー検査)は、エコープローブ(音波を出して静脈を視察する端子)にゼリーを付着させて、患部にプローブを軽く当てると、リアルタイムでモニターに静脈の状態を確認する事が出来ます。患部の場所によってははっきり見えない等、画面で確認が難しい場合もありますが、血流の方向とスピードで逆流を確認するドプラ血流系による検査、血流に色をつけて逆流の有無を確認するカラードプラ検査を行います。

超音波検査 カラードプラ検査

静脈弁がきちんと機能していれば血液は逆流せず循環するイラスト

「ドプラ血流系」と同じく、超音波を利用した検査方法です。
「カラードプラ検査」は、超音波を利用して血液の流れの向きをカラー画面で表示する方法です。足にゼリーを塗り、プローブという機器を当てる痛みのない検査です。原因の多くを占める足の付け根の血管までしっかりと検査します。
主な特徴として、血液の流れを色分けして表示することができます。心臓に向かう血流を青色で、逆流する血流を赤色で表示することができます。逆流の有無がしっかり分かる他、原因の場所も正確に確認できるので、診断や治療方法も直ぐに提示することができます。
ほかに、血管の内径を計ったり、血液の速度を測定することもできます。聴診によるドプラ血流計では得られない情報が得られますし、画像として記録に残すことができます。

下肢静脈瘤について詳しく読む

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
①下肢静脈瘤について

足にコブのような腫れ。むくむしダルい、痒みなど…。このような症状は、下肢静脈瘤の症状であることが考えられます。

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
②下肢静脈瘤の検査

当院では、下肢静脈瘤の患者様には以下の診察・検査を行います。下肢静脈瘤を治療するにあたり、手術による治療が……

現在閲覧中です

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
③下肢静脈瘤の治療

下肢静脈瘤の治療は、患者様の症状によって適切な方法を用います。初期診断の結果、症状が軽度の場合は、基本的……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
④下肢静脈瘤の予防

下肢静脈瘤の進行を遅くする事はある程度可能ですが、完全に予防することは現実的には難しいです。下肢静脈瘤は……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑤下肢静脈瘤を知る

下肢静脈瘤は一体どうやって発症するのでしょうか?まずは下肢静脈瘤について正しく知っておく事が大切です。ここで……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑥下肢静脈瘤Q&A

下肢静脈瘤について分からない事や悩み事など、患者様からよくあるご質問をピックアップしてQ&A形式で分かりやす……

詳しく見る

医療用弾性ストッキングを履く女性のイメージ
⑦医療用弾性ストッキング

医療用弾性ストッキングは、特殊な編み方により、足をしっかりと圧迫するように出来ています。足首部分が最も圧力が……

詳しく見る