新型コロナウイルス感染症対策についてはこちら
ご予約・ご相談は073-433-5000までお電話下さい。(但し、日曜午後と木曜日を除く)

日帰り手術の実績 10,878件
(2004/5~2020/9)

【お尻の悩み相談室】
便通相談で、医師から健康食品の摂り方を指導されました。

排便習慣は、数日に1回の便秘の方や、毎日数回の軟便や下痢、水模様の方など様々です。
一概には言えませんが、女性は便秘、男性は軟便下痢の傾向が見られます。健康食品を摂る事で、毎朝1回普通便の排便習慣になれば良いでしょう。

しかし、元々軟便の方が、健康のためにと牛乳やヨーグルト、豆乳、サプリメントなどを摂ると、下痢便になることもあります。また、最近流行りのダイエット飲料や快便をうたうお茶で、軟便や下痢になっている方もおられるようです。

軟便や下痢便には腸内の消化液が多く含まれているため、排便の度に肛門や肛門周囲の皮膚が強い刺激を受け、とても弱く過敏になります。
下痢便を繰り返す方の中には、肛門の違和感や痛みを訴えられる方が少なくありません。また、肛門を清潔にしようと温水便座や石鹸、赤ちゃんのお尻ふき等を使用すると、皮膚の保護に必要な皮脂を洗い流してしまうため、さらに肛門の皮膚を傷めてしまいます。

体に良いといわれるものでも、便通に変化があった時は注意しましょう。

健康的な便とは、水の中でも崩れない、連なった便です。便の形状なども意識して、健康食品の摂り方もコントロールすることが大切です。

2019-05-11

同じカテゴリの記事を読む

別カテゴリの記事を読む